―お知らせー

この食と健康の和の活動を 
今月、7月いっぱいで終わりにさせて頂くことになりました。

2013年初頭から活動を始めこれまで3年半、
比嘉良丸さんに伝えられている啓示に基づき、

次世代に健康で健全ないのちを繋げていく為に、

生産性重視や利潤追求のみで安心できない
食についての危険性を調べ、且つデトックスによって
健康体の維持・向上を目指せる情報発信を主な取組みとしてきました。

私たちのこの活動が世の中へどれほど浸透できたかは分りませんが、
近年、食の安全性への気運が世の中でも高まってきたと思っています。

これまで、私たちの発信する“食と健康の和便り”そして
“食と健康の和ブログ”を読んで下さり、
またカレッジへも参加してくださった方々、ありがとうございました。

これを基にして、次には「子供たちの未来のために()
ということでの活動を始めて参ります。

皆さま こちらへも期待して頂き、
ご協力及び参画もして下さればとお願い申し上げます。

皆さま、本当にこれまでありがとうございました。


食と健康の和 福島仁志

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康に良さそうな”水素水”ってどうなのでしょう?


~健康に良さそうな“水素水”ってどうなのでしょう?~
今“水素水”ブームですね。各メーカーこぞって商品開発おり、薬局・スーパーなどお店で目にすることが
多くなりました。先の伊勢志摩サミットでもメディアの方々へ大手メーカーが提供して好評だったようです。
それは各メーカーの宣伝文みると如何にも水素水が「体内の活性酸素を除去して人体のさびを消してくれる。がんや高血圧を改善しストレスが消える。血液をサラサラにしてくれて美容やダイエットにも効果がある。」と言ったような印象持ってしまいます。実際、うたい文句みれば「わたしを磨く」「水分ふやして潤い美人に」「アンチェイジングの決定版」と言う文字に引きつられてしまいます。
実際は如何なのでありましょう?
上記のようにうたい文句みれば健康効果ありそうですが、この水素水ブームに警鐘を鳴らされている方みえます。 法政大学(理科教育)左巻健男教授です。それは市場に出回っている水素水は医薬品認定や国が定めた安全性や有効性の基準を満たしたトクホ(特定健康用食品)外で、健康効果は実証されてないからと言うことであります。国民生活センターへも「血圧下がったデーターみて購入したが二か月たっても血圧は変わらない。」等々の相談寄せられているようです。
でも、水なので害は無いでしょう。ただ言えるのは、価格がどのメーカーも高いことです。開発コスト多くかかったこと分ります。かつて流行った“アルカリイオン水”と同じで多く売れて儲けたいとの企業側の戦略でありましょう。
と言ってその戦略にのってしまった筆者であります。今までも水道水から直に飲むことはせず、浄水器やミネラルウォーターで喉を潤していたのですが、“水素水”の効能を期待して飲み始めています。
飲み方として、毎朝目覚めに300cc飲み、一週間後くらいの食前に下痢しました。
その下痢はその時のみで腸の中が清掃されたようでスッキリしました。これが水素水の影響とは証明できませんが、僕の中ではそうだと思っています。

スポンサーサイト

| こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チームのブログホーム |

コメント

水素水を検索して比較的上位に表示されたサイトに水素水について書いてありました。
こころのかけはし祈りの和Youtubeの20120510のタイトルの一連の動画とあわせて見ると興味深かったです。
http://remedics.air-nifty.com/main/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/tb.php/236-ab1a6f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。