―お知らせー

この食と健康の和の活動を 
今月、7月いっぱいで終わりにさせて頂くことになりました。

2013年初頭から活動を始めこれまで3年半、
比嘉良丸さんに伝えられている啓示に基づき、

次世代に健康で健全ないのちを繋げていく為に、

生産性重視や利潤追求のみで安心できない
食についての危険性を調べ、且つデトックスによって
健康体の維持・向上を目指せる情報発信を主な取組みとしてきました。

私たちのこの活動が世の中へどれほど浸透できたかは分りませんが、
近年、食の安全性への気運が世の中でも高まってきたと思っています。

これまで、私たちの発信する“食と健康の和便り”そして
“食と健康の和ブログ”を読んで下さり、
またカレッジへも参加してくださった方々、ありがとうございました。

これを基にして、次には「子供たちの未来のために()
ということでの活動を始めて参ります。

皆さま こちらへも期待して頂き、
ご協力及び参画もして下さればとお願い申し上げます。

皆さま、本当にこれまでありがとうございました。


食と健康の和 福島仁志

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

=2016年 春のカレッジ報告=


ブログ読者の皆様へ

=2016年 春のカレッジ報告=

先日、4/24(日) 2016年春のカレッジを開催しました。

今回のテーマ「動画ではわからない、一番大事な触感を体験して上達する!」と題して
今話題の「筋膜」を重視した、「ふくらはぎのセルフマッサージ」について
メンバーである河野整体師から21項目からなる 詳しい説明を行いながらの実体験で
ふくらはぎを揉むこと、押圧すること、圧迫振動を行なうことにより筋膜を通じて
全身がほぐれることを実感して頂けました。

 下記、参加者からの声です。

・私のかなり固まっていたふくらはぎ ぐんと柔らかくなり、最後にはマシュマロのように
なりました。
加えて膝上の筋肉のねじれもとれました、びっくり。
手順書の最後までいけなかったのが少し心残りでした。
当たり前ですが、個人個人でぜんぜん違っているのですね。
手の感触が機敏でないとなかなか読み取れません。
これも経験が必要なのでしょうね。

・最初、始める前に立って前屈をしたときには、ふくらはぎから膝裏、
太腿にかけて脚の裏が突っ張った感じがあり 手の指先が床につきませんでした。
マッサージ後に前屈をしてみると手の指先が床に付き 脚の突っ張りも良くなり
脚全体が柔らかく 浮腫みが改善されました。
筋肉をほぐす事で血流も良くなり 浮腫みもとれ身体の疲れや
ストレスの改善にも繋がるので良いですね!今日は参加でき良かったです。
また機会があれば参加したいです。ありがとうございました。

このように参加者に実感して頂けて良かったです。
皆様も是非ふくらはぎマッサージ実践してみて下さい。

また、つづく座談会では「健康不安について語り合おう」でしたが、
メンバーからの黒糖バナナ酢の差し入れがあってか、
食について各自実践されていることを語る場となり、自家製豆乳ヨーグルト
玄米酵母など様々な取り組みについての語る場となって盛り上がりました。

次回、カレッジ開催は10月の予定です。また、実になるカレッジに向けて企画致します。
ご期待ください。

食と健康の和スタッフ一同より
スポンサーサイト

| こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チームのブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/tb.php/226-4a1ab421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。