―お知らせー

この食と健康の和の活動を 
今月、7月いっぱいで終わりにさせて頂くことになりました。

2013年初頭から活動を始めこれまで3年半、
比嘉良丸さんに伝えられている啓示に基づき、

次世代に健康で健全ないのちを繋げていく為に、

生産性重視や利潤追求のみで安心できない
食についての危険性を調べ、且つデトックスによって
健康体の維持・向上を目指せる情報発信を主な取組みとしてきました。

私たちのこの活動が世の中へどれほど浸透できたかは分りませんが、
近年、食の安全性への気運が世の中でも高まってきたと思っています。

これまで、私たちの発信する“食と健康の和便り”そして
“食と健康の和ブログ”を読んで下さり、
またカレッジへも参加してくださった方々、ありがとうございました。

これを基にして、次には「子供たちの未来のために()
ということでの活動を始めて参ります。

皆さま こちらへも期待して頂き、
ご協力及び参画もして下さればとお願い申し上げます。

皆さま、本当にこれまでありがとうございました。


食と健康の和 福島仁志

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食と健康の和便り 第20号 2015年7月24日 発行 その2


その2〜

●皮膚浸透の仕組み
皮膚は、表皮・真皮・皮下組織から構成され、表皮の基底層というところでは、絶えず皮膚の新陳代謝が繰り返されており、
新しい細胞と表面の角質層が出来上がります。
これを『ターン・オーバー』と言います。

角質はケラチンやセラミドという脂質の固まりで、水分量も少ないために、これが皮膚から体内に異物を混入させないような働きをしています。

これを『皮膚バリア』と言います。
ところが皮膚バリアをもってしても、完全防御は不可能で、合成界面活性剤などの脂溶性の化学物質によって突破されてしまいます。
皮膚に接触した物質の『0.5%』が、皮膚の中まで浸透すると言われています。
(※単純計算で、200本合成シャンプーを使ったら丸丸1本分の有害物質が浸透されることになります)

皮下浸透した化学物質は、細胞そのものに浸透するパターンと細胞の隙間から体内に入るパターンがあるようです。

体内に入り込んだ化学物質は、数日間で尿として排泄されるようですが、一部皮下組織に蓄積されます。

蓄積された化学物質は、それでも長期間にわたって徐々に排泄されるようです。

ただし、これは1回だけ医薬品を使って皮膚浸透させた実験結果を参考としたものなので、連日蓄積されると少々話しは違ってくると思われます。
言うまでもなく、毎日化学物質が皮膚浸透されると、その残留度合いも増し、濃度も当然濃くなります。

人間の身体は、ある一定レベルまでは表面化することはないので、毎日合成界面活性剤を使用していても現段階では身体的に何ら悪影響を感じることはない。
だから心配ない、安心??
ここからどうするかが分岐点。今この段階で、今までの生活習慣を見直し、せめて今後予防できるか否かが将来大きな差となって現れます。

すでに症状が出ていると感じる人はすぐに生活習慣、生活用品の見直しを!
これからの時代は「予防するかしないか」「デトックスするかしないか」あなたの健康がこれにかかっています。

●経皮毒の悪影響
体内に吸収され、蓄積された有害物質は、ある一定のレベ
(個々人の許容量?)を超えると表面化してくる
といわれいます。それがいつになるのかは誰もわかりません。
10年後、30年後かもしれません。

ただ、有害物質を体内に高濃度で溜め込みながら長期間健康体でいられることは、常識的に考えてもおかしいと考えるのが普通だと思います。
決して危険を煽るわけではありませんが、アレルギー関連、発がんリスク、脳への影響が心配です。
詳しくは下記参考サイトをご覧ください。

●経皮毒の可能性がある化学物質が入った日用品
石鹸、シャンプー、リンス、台所洗剤、洗濯洗剤、その他洗剤、柔軟剤、化粧品(ローション、クリーム、ファンデーション、UVカット品、口紅ほか)、歯磨き粉、制汗剤、入浴剤、 ベビー用品(ベビー石鹸、ベビーローション、ベビー沐浴剤、おしり拭きシート)、毛染め剤など・・。

最初から何でもかんでも全て安全なものに変えるのは難しいかも知れません。
だから・・せめてとりあえず、
石鹸とシャンプーとハミガキだけは安全なものを使ってほしいです!!

●私たちが心がけると良いこと
1、環境中に排出しても分解される化学物質を使用する
�合成洗剤は使用しない
�農薬(除草剤、殺虫剤など)を使用しない。
�プラスチック製品の使用を控える

2、食事には気をつかうべし

�食事のバランスをとる

�「マゴワヤサシイコ」の8品目を目標にマゴワヤサシイコ
(マ—豆・ナッツ類、ゴ—ごま・種子類、ワ—わかめ・海藻類、ヤー野菜類、サ—魚介類・貝・小エビ、シ—しいたけ・きのこ類、イ—芋類、コ—酵素・生野菜)
 
�日本人に合った食生活を心がける
  
�栄養素バランスは桶に似ている
一つの栄養素が不足するだけで、ほかの栄養素の働きにも影響を与えてしまうことで、その最も少なく摂取された栄養素の量で、栄養素全体の働きが決定されてしまいます。
 
�栄養価の高い野菜を積極的にとること
  
  
�食物繊維で有害物質を排出させる
 
3、サプリメントを活用する
 
4、女性や子どもを有害化学物質から守る〜世代を繋ぐために
胎児が一番経皮吸収毒性の影響を受けます。
赤ちゃんの産湯も止めたいものです。

今の子どもたちの平熱は36度を切っているともいわれています。冷暖房完備の住環境で体が温度変化についていけなくなり、体内調整が狂ってしまい免疫力が低下しているのです。
 
5、ゴミを減らすことを心がける〜今からできる環境対策
下水に「有害で危険な化学物質・合成化学物質」を流さないことが極めて大事です。

●体質改善(デトックス)のおススメ

ヒトの体は60兆とも80兆ともいわれる細胞からなり立っています。その細胞が行っていることは二つだけです。

栄養素を取り入れて老廃物を出すこと、吸収と排泄ですね。
身体に取り込まれたものが体内で循環しているわけです。ここで大切なことは吸収、循環、排泄のサイクルがうまくいかないと体内に毒素や疲労物質がたまるわけです。

同じ外からの影響もヒトによって影響が異なります。
つまり、からだの内側の問題(自然治癒力や免疫力)が極めて大事なのです。

有害化学物質の怖さや、できるだけ安全なものを使用する必要性は理解していただけて実践していただけても、残念ですが今まで吸収し続けてきた有害物質をどうやって、できるだけ排出させるかという課題が残ります。

いわゆる整体や漢方でいう「毒だし」ですね。
体質改善(デトックス)は、からだの内側の問題にアプローチする必要があります。

体内の免疫をバランスよく整えることが目的です。
身体の自然治癒力が働けば、外敵(有害物質や菌)や内敵
(がん細胞)に対して正しい防御処理が行われ、病気になりにくく、予防できることになります。

●最後に
“使っちゃいけないものを使わない”
これも極めて大事な予防であることを知っていてください。

化学物質などは、国の安全基準の許可の元に使用されているものもあります。
ただ言えることは、これからの時代、この「国の決め事」を鵜呑みにするのではなく、様々な情報を参考にして、自分自身の判断軸を持ち、それを基に選択するような賢さがますます必要になっていると思われます。

様々な情報を調べることが出来るインターネットは、
“自己の安全性を守るための情報を自ら得る”ために混迷の時代に出現したものとも考えられます。

今号の情報はあくまでほんの切り口にすぎません。
「信じる・信じない」、「実行する・しない」は読者の
皆さんの判断ですが、賢くなって良い行動をして行ってください。

この地球を心身ともに健全な次世代の子どもたちに
引き継ぐために。。。

文責 整体師 小西慧介(ラポール療術院)

参考文献 『経皮毒』(竹内久米司、日東書院、2006.3)
参考URL

http://home-yasupapa.pya.jp/siritai%20keihidoku%20hihukarakaradani%202.html

http://ameblo.jp/reimei-rapport/


長文をお読みいただきありがとうございます。

食と健康の和チームより


★*★*祈りの和information*★*★

★北海道&日本一周御神事 企画御守り 予約開始!!
7月下旬から8月にかけて北海道と日本を海から祈ります。
8月末には富士山にての御神事を行います。これに合わせてブレスレットタイプのオーダーメイドの御守りのご依頼が出来ます。
啓示によって作られた大地・自然とつながるブレスでもご予約可能です。
是非この機会にお持ちになってください。
御守り予約サイト>>
http://nirai-kanai.ocnk.net/product/203 オーダーメイド

http://nirai-kanai.ocnk.net/product/204 大地・自然とつながるブレス

★地震予知と予知防災
予知防災研究者・原さんの御協力による調査レポートを掲載致します。
http://inorinowa.org/yochibousai/yochibousai-top.html 

------------------------------------
------------------------------------
お知り合いの方もお誘いください。
メルマガの登録は reg@inorinowa.org へメールを送って下さい。
(自動登録されます。メール内容は誰も読みませんので、メッセージなどは 369musubi@gmail.com までご連絡ください。)

★「祈りの和」ホームページをリニューアルしました
http://inorinowa.org/

★ブログも合わせてご覧下さい。
http://inorinowa.org/blog/

<バックナンバー>
http://inorinowa.org/acmailer/backnumber.cgi

関連サイト<大国ミロク大社>
http://inorinowa.org/

------------------------------------
配信登録解除は del@inorinowa.org へメール送信してください。
(自動解除されます。メール内容は誰も読みません。メッセージを送る場合は 369musubi@gmail.com までお願いします。このメルマガへの返信も読まれない可能性が高いです。お控えください。)

====================================
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
〒904-0006 沖縄県沖縄市八重島 1-3-10-B
TEL 098-937-5613 FAX 098-993-7614
E-mail 369musubi@gmail.com
問い合せ対応時間 基本 13時〜17時
http://inorinowa.org/
====================================
スポンサーサイト

| こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チームのブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/tb.php/194-e332908f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。