―お知らせー

この食と健康の和の活動を 
今月、7月いっぱいで終わりにさせて頂くことになりました。

2013年初頭から活動を始めこれまで3年半、
比嘉良丸さんに伝えられている啓示に基づき、

次世代に健康で健全ないのちを繋げていく為に、

生産性重視や利潤追求のみで安心できない
食についての危険性を調べ、且つデトックスによって
健康体の維持・向上を目指せる情報発信を主な取組みとしてきました。

私たちのこの活動が世の中へどれほど浸透できたかは分りませんが、
近年、食の安全性への気運が世の中でも高まってきたと思っています。

これまで、私たちの発信する“食と健康の和便り”そして
“食と健康の和ブログ”を読んで下さり、
またカレッジへも参加してくださった方々、ありがとうございました。

これを基にして、次には「子供たちの未来のために()
ということでの活動を始めて参ります。

皆さま こちらへも期待して頂き、
ご協力及び参画もして下さればとお願い申し上げます。

皆さま、本当にこれまでありがとうございました。


食と健康の和 福島仁志

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパマッサージ


わたしは、リンパマッサージを習ったことはありません。

一般に行われているリンパマッサージでは
リンパに沿ってマッサージします。

効果はあると思いますが、その効果はマッサージしているときだけ
ではないだろうかという見解を持っています。

なぜなら、骨・筋肉・内臓・血管・リンパ管をまるごとひとつにつなげている
コラーゲン組織が固まったままだからです。

肩こりなどについて、筋肉が硬くなるといわれていますが、
私は疑問を持っています。
手の感触から、それは違うと思います。
コラーゲン組織が縮まって、いわば、真空パック入りの
お肉になっているのではないでしょうか。
タイトなジーンズをはいている状態と同じです。
これが肩こりです。

ピチピチの真空パックの中から外に出すと、お肉の感触は柔らかくなります。

ところが、この真空パックが体内にあるので、取り去るわけにはいきません。
そこで、皮膚の上から真空パックを手技で広げてあげると
リンパがひとりでに良く流れるようになります。
むくみがとれて、小顔になることがその証拠です。
そういうからだになれば、日常動作でリンパマッサージは充分。

動画のツボを使うと、これがだれでも簡単に出来てしまいます。
お試し入門編として、「耳を揉む→ツボ刺激する→耳を揉む→ツボ刺激する」これを
3回以上繰り返してみて下さい。


スポンサーサイト

| こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チームのブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/tb.php/183-77553f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。