―お知らせー

この食と健康の和の活動を 
今月、7月いっぱいで終わりにさせて頂くことになりました。

2013年初頭から活動を始めこれまで3年半、
比嘉良丸さんに伝えられている啓示に基づき、

次世代に健康で健全ないのちを繋げていく為に、

生産性重視や利潤追求のみで安心できない
食についての危険性を調べ、且つデトックスによって
健康体の維持・向上を目指せる情報発信を主な取組みとしてきました。

私たちのこの活動が世の中へどれほど浸透できたかは分りませんが、
近年、食の安全性への気運が世の中でも高まってきたと思っています。

これまで、私たちの発信する“食と健康の和便り”そして
“食と健康の和ブログ”を読んで下さり、
またカレッジへも参加してくださった方々、ありがとうございました。

これを基にして、次には「子供たちの未来のために()
ということでの活動を始めて参ります。

皆さま こちらへも期待して頂き、
ご協力及び参画もして下さればとお願い申し上げます。

皆さま、本当にこれまでありがとうございました。


食と健康の和 福島仁志

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カノン」場 チェルノブイリへのかけはしホームページから再掲


クリックで元記事へ飛びます。

心は一致団結しても、動きがちがって、それでいい。今は。
無理して話さなくてもいいから、顔みたい。


本来、「場」というものは、言葉を出すのが苦手、意見をいうのがにがてな日本人が顔を合わせて、親しみを感じるための装置だったのではないかと思います。

夜中にたまに行われるネコ会議のようなものかも。
(この頃はネコも自由に外出ができませんが、昔は、空き地にあつまって、ただ、集まって顔見て解散というのをよくみました)

 事故のあと、避難したり、避難できなかったり、避難したのに戻ったり、避難する必要のない地域だったり。多くの家族が、まさに、揺さぶられ続けました。
 そのゆさぶされたことの意味は、自分が死ぬまで、なんだったのかわからないかもしれない。
だからこそ、話を聞いて、そのときどう考えたのかどういう条件だったのか、そして…どうだったらみんなが幸せだったのか?
 そういうことを考えていく「場」が必要だと思っています。

 これまで一緒にやってきたのに緊張感が途絶えてくるとメンバーの小さな悪口を言い出して、家に帰ってもそれが気になり、そういう人たちを押し出してしまうような工作をよく聞くようになりました。

 対処方法は、ボランティア団体だった場合は、「文句をいう人がその担当する」というルールをつくるべきなんです。自分でやってみて、どんなに一生懸命やっても、日本人の職人芸を他人に求める癖で、欠点やミスをみつけだして、エスカレートして許せなくなっていきます。

 ハッキリ決まりきったメンバーでやっていても、それも、トウがたってくることもあります。
いつも新鮮な気づきを持ち続けるのは難しいことですが心がけていきましょう。

 日本人がいちばんやすらぎをえる「場」がイジメの場だったり苦しみの場だったら悲劇です。
今回はオホーツクから始めます。
避難された方、地域で一人で放射能のことを気にしている方も、「場」を求め続けるべきだと思います。
スポンサーサイト

| こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チームのブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/tb.php/159-c3f0d75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。