―お知らせー

この食と健康の和の活動を 
今月、7月いっぱいで終わりにさせて頂くことになりました。

2013年初頭から活動を始めこれまで3年半、
比嘉良丸さんに伝えられている啓示に基づき、

次世代に健康で健全ないのちを繋げていく為に、

生産性重視や利潤追求のみで安心できない
食についての危険性を調べ、且つデトックスによって
健康体の維持・向上を目指せる情報発信を主な取組みとしてきました。

私たちのこの活動が世の中へどれほど浸透できたかは分りませんが、
近年、食の安全性への気運が世の中でも高まってきたと思っています。

これまで、私たちの発信する“食と健康の和便り”そして
“食と健康の和ブログ”を読んで下さり、
またカレッジへも参加してくださった方々、ありがとうございました。

これを基にして、次には「子供たちの未来のために()
ということでの活動を始めて参ります。

皆さま こちらへも期待して頂き、
ご協力及び参画もして下さればとお願い申し上げます。

皆さま、本当にこれまでありがとうございました。


食と健康の和 福島仁志

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人 水のフォルム 藤原理事長語録(秋のカレッジ講義から)


・「私たちの飲み薬が、魚をメス化している。」

・「飲み薬が水を汚染し、生き物に影響を与えている。」

・「田圃がひとつなくなると、水の経路がひとつ無くなる。」

・「流域の中のものを、有機肥料化することが大切である。」


・埼玉の河川は田圃が水源。田圃がなくなると、水源が無くなる。」

・「4つの河川が関東平野を作った。」

・日本の生態系破壊は世界で16番目だが、ヨーロッパには生態系そのものがない。」

・「(関東平野は)河川が作ってきた大地である。」

・「母なる荒川。」

・「(一般に)市民運動は(農家に)きらわれることが多いが、私たちは農家と同じ水田を作ったので、
 農家に認められたのです。」


2014年10月5日(日) こころのかけはし食と健康の和2014秋のカレッジにて
メモは、管理人の河野によるものです。
(内容に不備あれば、管理人の聞き違いとご理解くださいませ。)
スポンサーサイト

| こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チームのブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/tb.php/139-d2bf5eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。