―お知らせー

この食と健康の和の活動を 
今月、7月いっぱいで終わりにさせて頂くことになりました。

2013年初頭から活動を始めこれまで3年半、
比嘉良丸さんに伝えられている啓示に基づき、

次世代に健康で健全ないのちを繋げていく為に、

生産性重視や利潤追求のみで安心できない
食についての危険性を調べ、且つデトックスによって
健康体の維持・向上を目指せる情報発信を主な取組みとしてきました。

私たちのこの活動が世の中へどれほど浸透できたかは分りませんが、
近年、食の安全性への気運が世の中でも高まってきたと思っています。

これまで、私たちの発信する“食と健康の和便り”そして
“食と健康の和ブログ”を読んで下さり、
またカレッジへも参加してくださった方々、ありがとうございました。

これを基にして、次には「子供たちの未来のために()
ということでの活動を始めて参ります。

皆さま こちらへも期待して頂き、
ご協力及び参画もして下さればとお願い申し上げます。

皆さま、本当にこれまでありがとうございました。


食と健康の和 福島仁志

こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チームのブログ >> 2014年07月に投稿されたエントリー一覧

矢ヶ崎克馬氏:依然として最大の脅威は内部被曝のリスク


2014/07/31
矢ヶ崎克馬氏:依然として最大の脅威は内部被曝のリスクの記事の続きを読む
2011年5月のインターネット番組です。被曝について、この一本でしっかり学びなおすことができます。被曝に、ここまでなら安全なんてないんですよ!国の決めた安全基準値なんて、空想妄想です。真の安全基準値はゼロベクレルなのです!...

>>矢ヶ崎克馬氏:依然として最大の脅威は内部被曝のリスクの記事の続きを読む

プロレスですよ、世の中。完全にプロレスです


2014/07/17
プロレスですよ、世の中。完全にプロレスですの記事の続きを読む
http://lite-ra.com/2014/07/post-238_2.html より転載 「世の中ってうそ八百で成り立ってるし、ホントのところは新聞も雑誌もテレビも伝えないし、たまに言外に漂わせたり、におわせたり、スクープで追及したりってことはあっても、ほとんどがお約束で成り立ってるわけですね。プロレスですよ、世の中。完全にプロレスです」 と、『報道〜』全否定ともとれるかのような話を展開。しかもそれは、“大人の世界は汚い”と罵る思春期...

>>プロレスですよ、世の中。完全にプロレスですの記事の続きを読む

マティアス・ラス博士・製薬業界について語る。


2014/07/16
マティアス・ラス博士・製薬業界について語る。の記事の続きを読む
http://blogs.yahoo.co.jp/yabukarasutick/3664499.html より転載製薬産業は自然に発展を遂げた産業ではありません。製薬産業は投資家が作為的に作り上げた産業ですから、彼らは今後も疾病ビジネスから利潤を吸い上げ続けるため、特許対象とならない自然の治療法が世界中に広まるのを妨害しなければならなかったのです。...

>>マティアス・ラス博士・製薬業界について語る。の記事の続きを読む

10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その10 (最終回)読後感想


2014/07/10
10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その10 (最終回)読後感想の記事の続きを読む
前回の小児科医 毛利先生の記事を読んでふと思いました。怪しいワクチンより、免疫力で対応した方が安心で効果的なのではと。それに、インフルエンザワクチンなど、ウイルスの型が変わると効かないそうですし、あてにならないのと、危険なのと。ワクチン被害と病気にかかるのとどっちがマシか。ワクチン被害はあまりにも深刻すぎる事例が少なくありません。それに、基本、血液に異物を混入させるのです。血はいのちそのものですよ...

>>10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その10 (最終回)読後感想の記事の続きを読む

10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その9  P174「私はこう考えます」小児科医 毛利子来さんのまとめ


2014/07/10
10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その9  P174「私はこう考えます」小児科医 毛利子来さんのまとめの記事の続きを読む
「まちがいだらけの予防接種」P174~175を転載します。●私はこう考えます1992年に厚木市で開かれた市民集会「子どものためのワクチントーク神奈川」で講演した小児科医の毛利子来さんは、子どもと病気の関係をこうまとめています。Ⅰ子どもにとって病気とは。1)いやなものではあるけど、避けられない。2)子どもは病気をしながら育ちあう。  ①先天免疫から後天免疫(獲得免疫)へ。 ②抵抗力がつく。鍛えられる。 ③病気への対応...

>>10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その9  P174「私はこう考えます」小児科医 毛利子来さんのまとめの記事の続きを読む

10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その8 どちらがほんとなのか。


2014/07/10
10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その8 どちらがほんとなのか。の記事の続きを読む
NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会ホームページご覧になっていかがでしたか。「ワクチンで防げる病気」をVPDと呼びます。VPDは子どもたちの健康と命にかかわることですと書いてあります。ワクチンで防げるのに、もったいない、もったいないと書かれています。大切な日本の子どもたちの命を守るためにとあります。(まさに、食と健康の和のテーマと共通している事項ですが。)VPDの被害をなくそう(Know VPD, No VPD感染! )...

>>10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その8 どちらがほんとなのか。の記事の続きを読む

10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その7 「はじめに」を読む⑥


2014/07/09
10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その7 「はじめに」を読む⑥の記事の続きを読む
ワクチン連載、前回が5月28日と、一月以上空いてしまいました。さて前回、要はワクチンを勧める側は、様々な感染症の恐怖を煽りいわば脅して接種をすすめるやり方をしていると、「間違いだらけの予防接種」の「はじめに」にありました。でも、実際ワクチンを打たなかったら感染症が広まるのではないか。管理人はこのように考えて迷宮にはまりかけたのですが、元祖ワクチンとも考えられる天然痘ワクチン自体が実は天然痘を大流行さ...

>>10回シリーズ 「まちがいだらけの予防接種」を読む その7 「はじめに」を読む⑥の記事の続きを読む

| こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チームのブログホーム | 次ページ

▲TOPへ